メリット一覧

グローイングショットカラートリートメントのメリットとデメリット

グローイングショットカラートリートメントは、白髪染めと同時に髪のトリートメントができる一石二鳥の製品です。使用法も非常に簡単で、洗髪後に髪を乾かしてお風呂で1回5分でヘアカラーリングと同時にトリートメントまで完了します。私も使ってみて感じたグローイングショットカラートリートメントのメリットとデメリットを紹介するので、購入の参考にしてください。

グローイングショットカラートリートメントのメリットですが、シャンプーで洗髪した後に、5分間馴染ませながら髪全体に広げるだけで終わるお手軽な点です。

今まで部分白髪染めなどを使っていたんですが、白髪の箇所を鏡で見ながら塗って行くため、しっかりと塗り込むまで20分以上掛かっていました。また美容室で毛染めをやっても、30分近く掛かってました。それが僅か5分放置した後に、シャワーで流すだけなのでかなり楽になりました。

美容室で白髪染めをしている時には、1カ月から2カ月に1回のペースで通っていたため、かなりの費用が掛かってました。だけどこのトリートメントに変える事で、その回数を大幅に減らせたのでお金を節約できました。

 

グローイングショットカラートリートメントの特徴

ヘアカラー特有のニオイや刺激が、無い点もこの商品の良い点です。部分白髪染めのほとんどの商品はツンと鼻を刺激するニオイと、頭皮がヒリヒリするような刺激がありました。この商品は刺激も無くて、香りもいいので敏感肌の私でも快適に使用出来ました。

そして最大のメリットは、この商品を使った翌日のトリートメント効果です。購入前にはそれほど期待していませんでしたが、使用中の指どおりも良くて、翌朝の髪のまとまりも凄くよくなってました。

グローイングショットカラートリートメントのデメリットは、美容室の白髪染めよりもかなり安く出来るんですが、ロングヘアだと1本を5回前後で使い切ってしまうため、部分白髪染めよりはかなり割高になってしまう点です。

そういった理由でまだ白髪が少なくてまばらにしか無い時には、部分白髪染めでいいかなと感じました。それ以外にも浴室で使えば問題にならないんですが、洗面所で使用すると塗り込んでいるうちに、周りの壁紙のクロスに跳ねて色がついて、その色が落とせない点です。

私も洗面所で慎重に跳ねないように使ってましたが、これだけやんわり使えば大丈夫だろうと思っていたら、周辺の壁紙に丸い点々のシミがついていました。

洗剤を付けて擦っても壁紙のシミを落とせずに、ガッカリしました。

>>グローイングショットカラートリートメントの口コミ