プリオールカラーコンディショナーを効果的に使う方法!

白髪を染める方法にも色々な種類がありますが、できることなら自宅で手軽に染めたい、髪や頭皮が傷まない方法を選びたいと考える人は多いのではないでしょうか。

そんな場合は、トリートメントと同じように使えるヘアカラートリートメントがおすすめです。自宅で髪を染めるとなるとケープや手袋を用意したり、髪をブロッキングしたりと色々な手間が掛かりますが、カラートリートメントならシャンプー後に髪につけ、しばらく置いて洗い流すだけです。素手で使えるほど肌に優しいものも多く、肌の弱い人にも安心して使えることでも人気です。

ヘアカラートリートメントは人気が高まっていることもあり、多くの種類が販売されていますが、同じ選ぶのであれば評判悪いものは避け、白髪もしっかりと染まってダメージもい修復できるものを選びたいところです。

資生堂から販売されているプリオールカラーはすでに150万個を突破している人気の商品で、価格も安くドラッグストアやスーパーなどでも手軽に入手できます。カラーもブラック、ブラウン、ダークブランの3色が用意されており、様々な髪色に対応できます。塩基性染料フリーアレルギーテスト済みで天然の海藻エキス保湿成分も含まれており、ハリやコシもキープするタイプなのでボリュームダウンが気になる人にも安心です。

さらに香りはフローラルグリーンが採用されており、癒し効果も期待できます。

プリオールカラーコンディショナーには悪い評判もある!

人気の高いプリオールカラーですが、良い評判だけではなく、悪い評判もありますので購入前はよく確認しておくことがおすすめです。
まず、髪が染まりにくいという意見もありますが、カラートリートメントは一回でしっかりと着色するのではなく、何回か繰り返して使うことで白髪が目立たなくなる商品であることは理解しておきましょう。

そして、使い方が間違っていると着色が悪くなるので注意が必要です。洗髪後の髪に使うタイプですが水分が多いままだと染まりにくくなりますので、洗髪後はタオルで水気をしっかりと切ってから使用するにようにしましょう。髪全体に塗布したあとは、白髪が目立つ部分につけ足すとより効果的です。

5分の放置時間で良い商品ですが、よりしっかりと着色させるなら少し放置時間を延ばしてみましょう。

このときにシャワーキャップなどを利用するとさらに着色が良くなるといわれています。間をあけずに毎日使うと着色が良くなりますので、初期では連続の使用がおすすめです。衣服などに色がつかないよう、洗い流しはしっかりと行うことも大切です。

>>プリオールカラーコンディショナーの使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする